シックハウス対策

「シックハウス症候群とは?」…住居内の空氣が汚染されることにより、引き起こされる様々な健康被害を、シックハウス症候群と呼びます。「新築病」とも呼ばれるもので、新築やリフォーム直後の室内でかかる可能性が高く、頭痛、吐き氣、手足のしびれ、めまいなどの症状が見られます。
シックハウス症候群の主な原因は、建材や家具などに含まれる有害な化学物質です。合板の接着剤や塗料、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレンなどがあります。また、カビやダニなどもシックハウス症候群の原因となります。
対策としては、有害な化学物質が少ない建材を使用すること、換氣をしっかりとすることが重要になります。

ホルムアルデヒド対策

■国土交通大臣認定 ホルムアルデヒド放散等級参考表

住まいの建材等に使われているホルムアルデビドも、シックハウス症候群の原因のひとつと言われています。そこで、2003年の建築基準法改正によって、室内空氣環境に対する基準が設けられました。そして、その中で最もホルムアルデヒド放散量の少ない建材「F☆☆☆☆」を全てに採用しています。

新鮮な空氣を取り込む換氣システム


改正基準法によって定められた「第3種換氣システム」を標準としています。これは外からの新鮮な空氣を居室から自然給氣し、室内の汚れた空氣を機械(ファン)によってトイレ・洗面から排氣するシステムです。給氣口に取り付けたフィルターがほこりなどの侵入を防ぎます。また、空氣のよどみやすい場所に設置した排氣口が室内の空氣の対流を促し、湿氣のこもり、カビや結露の発生を効率的に制御します。

PAGE TOP