外壁材

外壁材は、外観のデザイン性を左右する大きな役割を担うのと同時に、対結露・断熱・耐震・防火に重要な役割を果たします。「つなぐ家」のサイディングはゼロアスベストで人にも環境にも優しいです。

優れた性能のサイディング(標準仕様14mm厚)






ゼロアスベストで人と環境に優しく。様々なデザインに対応可能。重量はモルタルの約38%と軽く、地震の揺れで家の躯体にかかる負担を軽減。断熱材が高性能な発泡ウレタンですので、より軽量な14mm厚を使用。火熱を45分以上遮る耐火等級3です。発泡ウレタンの場合は構造材に接着するため、冷氣や熱の侵入が少なく、更に、グラスウールのような経年のシワ寄りがないので、当初の高断熱性能を長く維持します。

外壁材取付は躯体を結露から守る「通氣工法」


外からの雨水や、室内の湿氣は壁材を通って壁の中に浸透していきます。壁が密閉状態ですと湿氣に逃げ場がなく、外壁材の裏面や壁の中で結露が発生することがあり、経年により家の躯体を弱らせていきます。
防湿紙を使用し「通氣工法」で通氣層を設け、湿氣を外氣に放出させれば、壁の中の結露を抑制することができます。また、防湿紙は室内への雨水の侵入を防ぎます。通氣層の風通しは遮熱効果もあるので、ますます快適な住まいになります。

PAGE TOP