躯体

輸入された工法などではなく、日本の風土に最も適し、長く引き継がれ発展してきた「木造軸組工法」を採用しています。法隆寺などでも使われている日本の伝統的な工法です。

躯体「木造軸組工法」


木造軸組工法は、木材を使用した土台と柱と梁で建物を組み立てる在来工法とも呼ばれる工法。阪神淡路大震災で地震に弱いと一部で報じられましたが、倒壊したのは筋かいの少ない建物で、その後規制が強化、補強金物等も普及、均一的な強度を確保しました。柱は上部構造を支え、梁は屋根や床などの重量を柱に伝える合理的な工法。設計の自由度が高いので、ライフスタイルに合わせた個性的なスペースを創造でき、更に敷地の条件、予算、デザインなどに柔軟に対応できます。

安定した強度を誇る「JAS集成材」

エンジニアリングウッド(JAS集成材)を使用。この集成材は、素材となる木材の強度を1枚づつ測定した上で製造するため、一本一本が安定した強度を持ちます。無垢材の短所である反り・ねじれ・割裂・伸縮なども克服しています。

骨組みをつなぐ「耐震金物」


地震や風圧による水平方向からの力に対抗するために、筋かいを入れた「耐力壁」を効果的に設置します。さらに、耐震性を高めるには、耐力壁を増やすだけでは充分ではありません。揺れに対して、筋かい・柱・土台・梁が一体で動くように耐震金物を使います。阪神大震災時の倒壊原因も、柱の接合部分の弱さが指摘されています。地震の衝撃は建物の前後、上下、左右といろんな方向に働きます。その際に柱が土台や基礎や梁から離れてしまうと、建物はバラバラになってしまいます。それらをしっかりとつなぐのが「接合金物」なのです。

PAGE TOP