成功した土地探しの秘密

~ 土地探しにかかるその前に ~

土地探しでは、
まず土地購入のために一体どういう経費が、
別途でかかるのかを把握することから始めなければいけません。

想像している以上に、実はいろいろな
お金がかかるので、よく覚えておいていただければと思います。

✔土地代金・・・
雑誌や新聞広告、それからインターネット広告に掲載されている
土地そのものの御代です。


✔仲介手数料・・・
土地の仲介をしてくれた不動産屋さんに支払う手数料です。
(最大で、土地代金の3%+6万円に消費税を乗じた金額です。)


✔固定資産税精算金・・・
前払いしてある固定資産税を引渡しの日を境に日割り計算し、
売主さんに支払います。
(地域によっては都市計画税も別途でかかることがあります。)


✔境界基礎工事代金・・・
分譲地の場合であれば、隣との境に作るブロックやフェンスの
基礎費用です。
(隣と折半が多い)
隣との境に境界がない場合は、設置しなければいけないことも
あるので、土地を買う時にはしっかりとチェックしてください。


✔水道加入金・・・
市町村に支払う水道メーター設置や水道の使用権利金です。
市町村によって指定の水道管口径が異なり、
そうなれば金額も異なってくることになるので、
市町村の水道課にて確認することが大切です。


✔所有権移転登記費用・・・
土地を購入する際に登記変更をします。
あなたの名義になるので、その手続きの費用になります。

また、


購入した土地が宅地(家を建てれる地目)になっていない

場合(例えば畑など)は、
別途、地目変更登記費用が掛かる場合もありますのでこちらも
しっかり確認をしましょう。

これら6項目は、ほぼ全ての土地で必要になってくるので、
しっかり覚えておいてください。

またこれらの他にも、

地域によっては排水許可をもらうための排水負担金が必要に
なってきたり、水道が敷地内に引き込まれていない場合であれば、
前面道路から敷地内に水道管を引き込むための水道引込工事費用が
必要になってきたり、

畑や田んぼなどの農地を購入される予定であれば、
土の入れ替え工事費用や造成工事費用などが
必要になってくるでしょうから、
そういった費用も考慮した上で、土地探しをしていく必要が
あるのです。

それらを差し引いた上で、土地予算を出し、
土地探ししないと確実に予算オーバーしてしまいますから。


そのオーバーしたお金は、建築費用を圧迫しかねないですし、
もしかしたら、
余分に借り入れしなくてはならないので、

雑誌や新聞広告、
そしてインターネット広告に載っている
土地代以外にも色んなお金がかかるんだということをしっかり
把握していただければと思います。

多くの人が土地探しで陥る落とし穴

家づくりをされるほとんどの方がそうであるように、
あなたも、『日当りがいい土地を買いたい!』と
思っていることでしょう。

この日当りがいい土地というのは、

一般的には敷地の南側に道路が接している
いわゆる『南側道路の土地』のことを指すのですが、

太陽の光が一番入る南側に、光を妨害するものが建たないことから、
一見日当たりが良さそうに見えるこの南側道路には、


実は2つの落とし穴が潜んでいます。

まず1つ目の落とし穴ですが、

『土地の値段が一番割高な上、誰もが狙っているため手に
入りにくく、価格交渉をする余地もない・・・』ということです。

他のみなさんも、あなたと同じようにせっかくなら日当りが
いい土地を買いたいと思っています。
ですから、競合が多い日当たりが良さそうな土地というのは、
広告や雑誌に載る前に売れてしまうことがほとんど…


偶然出会ったとしても、
もちろん価格交渉の余地など全くないでしょうし、
その土地が良いかどうかも分からない状態で即決を迫られることに
なるでしょう。

その上、需要が供給を上回る
そういった土地は、価格の設定も割高にしてあるでしょうから、
土地に予算を使い過ぎて肝心の家に予算が回せなくなってしまう・・・

あるいは、家まで予算オーバーしてしまうとなると、
住宅ローンに負担がのしかかってくることになり、
建てた後の生活が
苦しくなってしまうことになりかねないというリスクを持っています。

2つ目の落とし穴は、

「日当たりはいいのですが、そのせいで人目が気になる暮らしにくい
家になってしまうかもしれない・・・」
ということです。

日当りが良さそうな土地で設計図を描くとしたら、
ほとんどの住宅会社が間違いなく南に大きな窓をつくるでしょうし、
あなたもそういう設計をきっと望むことでしょう。


しかし少し冷静に考えてみてください。

あなたの土地の南が道路だとしたら、
そこには車や人がたくさん通ることになります。


そして、隣近所の方だけじゃなく
知らない方からも家の中が丸見えになるということですよね。
そうなれば、人目が気になり

リラックスしてリビングで過ごせなくなってしまうので、
そこにカーテンを設置し常に閉め切るようになってしまいます。

そして、住む前までのカーテンがない状態では、
明るくて日当たりが良さそうな家だったかもしれませんが、
住み出した途端、

人目が気になることから窓もカーテンも閉め切ってしまい、
暗くて風通しが悪い家に一気に変身してしまうことになります。

これでは、なんのために日当たりがいい土地を高いお金を出して
買ったのかよく分からなくなってしまいますよね。


ですから、日当たりが良さそうな土地も、
設計時においてなんらかの工夫を
しなければいけないということを
覚えておいていただければと思います。

ということで、


誰もがいいと思っている『南側道路』の日当りが
良さそうな土地でさえも、
メリットばかりではなくデメリットも持っているので、
土地に完璧さを求めることはしないようにして
いただければと思います。

土地を見極めるための3つのポイント

たとえ誰もが欲しいと思う日当たりが良さそうな南側道路の土地
であったとしても、

“日当たりが保証されそう”
というメリットの裏には、案外その日当たりの恩恵が受けられる家の
設計をすることが難しい・・

とか、割高かつ価格交渉が困難で、
即決しなければ誰かに奪われてしまうので、ゆっくり考える時間がない・・という

デメリットが潜んでいるということをお伝えしましたが、
全ての土地が
このようなメリットやデメリットを持っているものです。

これは逆に考えてみると、
どんな土地でも設計の工夫やアイデア次第で、
その土地が持つメリットを最大限に引出すことも充分可能である
ということにもなります。

ですから、
『高い土地=いい土地』
『安い土地=悪い土地』

という固定概念にあまり捕われず、
資金計画で導き出した予算を意識しながら、
その範囲内で土地探しをしていただければと思います。

とは言っても、何を基準に土地選びをすればいいのか分からない
と思っている方が多いでしょうから、
今回は土地探しにおいて大切な3つのポイントについて
お伝えしたいと思います。


では、
まず1つ目ですが、
いいな~と思う土地が見つかったら、
最低6回は現地を見に行くことです。

と言っても、ただ6回見に行けばいつでもいいという訳ではなく
ポイントは

『平日の朝・昼・夜』と
『日曜の朝・昼・夜』に行くことです。


平日の朝が大事な理由は、
“陽の入り方”はもちろんのこと、
近隣の方たちの通学・通勤・ゴミ出しの状況などの様子が

見られることです。


平日の午後に関しては、もちろん“陽の入り方”です。
これは重要なところですからね。

そして平日の夜が大事な理由は、
“外灯があるかどうか?”を確認出来るからです。

これは意外と盲点となる部分なのですが、
大切なお子様の通学に関わってくることなので、
昼間だけではなく夜も見に行っていただければと思います。


また、これと同じように日曜日にも
朝・昼・夜の3回現地を
見に行ってください。

その理由は、平日と日曜では人の行動は
全然違うからです。

意外にも多くの方が、土地を見に行くのは
日曜の日中だけなのですが、
これだけでは環境や近隣の状況は、よく分からないものです。

ですから、平日と日曜の両方の朝・昼・夜の近隣の状況や環境を
見ていただくことで、
より詳しくその土地を把握するようにしましょう。


こうすることで、日曜の午後だけしか土地を見に行かないままで
その土地を決めてしまい、
後から後悔してしまう・・
ということを最大限に防ぐことが出来るようになります。

続いて、2つ目のポイントである
『近所にどんな人が住んでいるかリサーチすること』
ということについてお伝えしていきますね。

もちろん、リサーチは不動産屋さんや住宅会社などに
任せるのではなく、
自分ですることが大切です。
なぜなら、自分が一生暮らしていくことになる土地だからです。

しかし、多くの方が、『聞きに行く時間がなかった・・』とか、
『何を聞いたらいいか分からないし、聞きにくい・・』とか、
『不動産屋さんに聞いたら心配ないと言ってて大丈夫だと思った』


といったような
理由から、自分自身でリサーチをしないまま土地を買っている方が
多いんです。


おそらくあなたが一生暮らしていく土地ですから、

✔近所の人はいい人なの?

✔浸水の心配は大丈夫?

✔地震の時は大丈夫?

✔学校までの通学路は安心?

病院やスーパーは? 

✔自治会は?

ゴミ捨て場は?


など、心配なことがたくさんあると思います。


それらの心配要素を消すことができる1つに、
市役所や町役場に備え付けてある『ハザードマップ』があります。

過去の水災の状況、将来の災害予測、
液状化リスク、緊急時の避難場所、学校や病院施設の場所などが
記載されている地図です。

例えば、『熊谷市 ハザードマップ』で検索するとご覧になれます。

これを見れば、その土地のことを多く知ることが出来ます。


しかし、


そこでずっと暮らそうと思っているのならば、
ただ『ハザードマップ』を見て安心するだけじゃなく、
それをもとに、近隣の方に、過去に水災があった時の状況は
どうだったのかとか、


時々起こる集中豪雨の時や台風の時の状況はどうなのか?
などの生の情報を教えてもらうようにするべきです。


1つ目のポイントでお伝えしたように、
いいなと思ったら6回土地を見に行って
いただくようになるのですから、
せっかくなので、勇氣を出して近隣の方に
色々と聞いていきましょう。

そうすれば、
どんな人が近隣に住んでいるのかも同時に分かることですし、
挨拶代わりにもなりますし、
一石二鳥にも三鳥にもなりますからね。


これはとっても大事なことなので、面倒臭がらずに
思い切ってリサーチしてみてください。


では、最後に3つ目のポイントについて
お伝えします。


3つの中で一番重要なので、
ぜひ参考にしていただければと思います。


3つ目のポイントは、
『住宅会社に、一緒に土地を見に行ってもらうこと』です。


その理由は2つあるのですが、
まず1つ目は
『なにも建ってない更地の土地だけを見ても、専門家でなければ、
その土地の上に
一体どんな家が建てられるのかが想像しづらいから』です。


ですから、住宅会社の方と一緒に見に行き、
望むような家を建てることが出来るのかということを、
アドバイスしてもらうようにするといいと思います。

そして、土地を契約する前に実際にプランを描いてもらい、
見積りまで出してもらうようにすれば、
より具体的にイメージが湧くようになるでしょう。

2つ目の理由は、
『土地以外にかかってくる別途費用が把握出来ないから』です。
以前の記事でお伝えしましたが、
土地を購入しようと思えば、
雑誌やインターネットに掲載されている価格だけで購入することは

出来ません。
それ以外にも、その土地の状況によって様々な費用が

かかってくるものです。


これらは、業者ではない方が調べることは難しいでしょうし、
不動産屋さんに具体的に聞いたとしても、
ずさんな調査しかしてくれない可能性もあります。

ですから、住宅会社にしっかりと事前調査してもらうことを
オススメします。

なぜなら建築するにあたり、
その土地がどういう状況になっているのかということは
住宅会社にとっては、
ものすごく大切なことですからね。

以上の2点から、
住宅会社と一緒に土地探しをされることを
オススメしています。

ただ、住宅会社ならどこでもいいのか?
というと、もちろんそうではなく、

あなたに無理のない資金計画を
立ててくれる会社なのか?

住宅ローンに対する知識は
豊富で銀行に丸投げしないか?

あなたが建てたいと願う家の
予算を先に伝えてくれるのか?

建築にかかるお金を
後出しせずに正直に話してくれるのか?

土地の調査や近隣調査などを
快くしてくれるのか?


といった条件を満たす会社(人)がいいと思います。
逆に言えば、

資金計画もせずに、
いきなり土地を探し出そうとする会社(人)

先に土地を不動産屋さんで
決めてきてほしいという会社(人)

住宅ローンを銀行に
丸投げする会社(人)

手当たり次第に
たくさん土地情報を集めようとする会社(人)

✔土地が見つかるまで
プランを描いてくれない会社(人)

などは、注意しましょう!

TOP