草屋根

家族に『我が家』と誇れる特別な空間を、
地球に少しだけお返しを。

屋根に草を生やせば家を建てた部分の緑が地球上から無くならない…そんな大志を抱くのも良いし、純粋に家族で楽しむのも!
断熱性からくる屋内の快適さは勿論のこと、緑に接する機会を増してくれますから、屋根を散歩するペットを含め、家族の心も癒してくれます。
真夏でも裸足で夕涼みが出来るし、「家庭菜園や自然についての学びの場」にもなります。「子どもと屋根に上り、二人で話したり、花を植えたり」と、ユーザー様にとって家族をつなぐ空間となります。
草屋根の家は、巣立つ子ども達にとって特別な思い出の家となることでしょう。

草屋根3つのPOINT

1:省エネ…家計にも地球にも優しい

閉め切ったまま留守にしても、家に戻った瞬間は氣持ち良く、天然クーラーみたいで夏は涼しく扇風機でしのいでいるというユーザー様もいらっしゃいます。実際、室内温度は外氣温と比べて最大10度低くなるため、つなぐ家の標準仕様でもある吹付け発砲ウレタンの性能と合わせれば、かなりの効果が見込めます。
Co2を減らし酸素をつくる、屋根面の温度も低くなり、地球温暖化防止にも役立つ住まいの出来上がりです!

2:安心の性能…防水・防根は勿論、メンテナンスも

防水は勿論、植物の根が防水の端部から防水の裏側に入らないように防根処理も入念に施工します。水やりは、自動灌水装置をつければ楽ちん。普段の水道代は年間で平均すると月々プラス2,000円ほどになりますが、その分を考慮しても都内で8割、郊外で7割のユーザー様がエコと感じています。雨水タンクや井戸水を活用することも出来ますので、最良の選択をなさってください。

3:心地良さ…断熱性は勿論、視覚的にも

草屋根の楽しみ方は自由自在!色々な季節の花を植えれば花畑として、野菜を植えれば菜園として、一面芝生の庭としても楽しめます。マメに手入れをして緑庭を楽しむのも良いし、自然に任せてワイルドな感じを楽しむのも良し。草屋根に乗って緑を満喫出来る、地球にも家計にも家族にも優しい夢の家が、『つなぐ家』のbotanicalです。

ユーザー様の草屋根との付き合い方

いづみ建設は、全国組織の「草屋根の会」に加盟しており、常に経験と情報を共有し、メンバーの技術と提案内容の向上を図っております。草屋根にご興味のある方へ、会で統計したFAQをご紹介します。参考にしていただければ幸いです。

散水はどうしてるの?

71.4%の方が標準装備の自動灌水装置で、25%の方が手動で散水しているようです。

『つなぐ家』botanicalでは、自動灌水機を標準装備しております。

草抜きの頻度はどのくらい?

不定期的74%、定期的11%、ほとんどしない7%!ほとんどの方が雑草が生える隙間がないとおっしゃっています。

『つなぐ家』botanicalでは、自動草刈機を試験的に標準装備しております。

冬季の屋根はどうしているの?

枯草のまま放置75%、春に備えて苗や種を植える14%。枯草の屋根が逆に良いと感じる方が大多数のようです。

草屋根に寄せる思い

植物は地球の外からくる太陽光を栄養とし、私たちの環境に貴重なものを増やしてくれる存在です。
空気中の「炭素」を固定化して私たちが口にする「炭水化物」をつくり、光合成をすれば「酸素」も供給してくれます。その植物との共存を「草屋根の家」は深めてくれます。
地球の大切なものの消費量を減らし、地球に少しお返しもできる。
いづみ建設は、まだ世に浸透していない草屋根を、日本一熱い熊谷からも広めたいと考えています。
家を建てようと考えている皆様、是非草屋根もご検討ください!

下記「お問合せ・資料請求」より、つなぐ家 Botanicalのカタログ、参考プランなどを資料請求ください。郵送やPDFでメール送信いたします。もちろん、草屋根の内覧(?)希望も受け付けています!また、不定期ですが、実際のユーザー様に草屋根の「ぶっちゃけ話」を聴けるイベントも、不定期ですが、開催しています。詳しくはイベントページをご覧ください。