SDGs への取組み

いづみ建設の『SDGs』への取り組み

SDGs 持続可能な開発目標

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)は、2015年に国連サミットで採択され、「誰一人取り残さない」という理念に基づき、様々な世界的課題を解決するための、2030年までに国連加盟諸国が達成すべき17の目標が掲げられています。
私たちいづみ建設も家づくりを通して、皆様と共に持続可能な世界実現を目指し、事業展開しています。環境に配慮した素材を採用し健康的な住まいをつくることから、課題を積極的に考えます。

自然素材の家・健康住宅

耐震等級3でより安全に暮らせる住まい 冬暖かく、夏涼しい、快適な暮らし
・自然素材(サンゴの塗り壁・天然木)を奨め、子どもからお年寄りまで快適に暮らせる健康住宅を作ります。
・地震に強く、より安全に住み続けられるよう、積極的に耐震等級3を取得します。
・家の中でヒートショックを起こさないような住宅、環境に配慮したクリーンエナジー使用を目指します。

女性の雇用を増やし子育てしながら働きやすい環境を実践
作り手と使い手の持続可能なライフプランを提案

・地域に必要とされる働き甲斐のある企業になり、女性や非正規社員を平等に雇用しジェンダーレスを目指します。
・過剰で異常な森林伐採を防ぎ、環境に配慮した家づくりを提案します。
・技術や知識を広く共有し、知識の貧困をなくします。

連携の強い楽しい家づくりで地域を活性化

・建設会社、施主、工事店、自治体との連携で目標を達成します。
・自社流働き方改革による業務の効率化をし、誰もが無理なく安心して働ける環境にします。

建築の緑化と植樹の実践

・真夏60℃~80℃にもなる通常の屋根ですが、草屋根(20℃~30℃)を普及し、地球温暖化対策に貢献します。
・新築毎に、まずは一本の植樹を施主様と共におこない、埼玉県北に森を再生する礎を築きます。

※長野県の『アファンの森』の埼玉県北版を目指します!